シュヴァルツェスマーケン



シュヴァルツェスマーケン6話、海外の感想です。

前回は不安を煽る終わり方でした。
シュタージが水面下でどのような動きをしているのか気になりますね。
次ページで海外の感想をお届けします。




      


オススメ記事






への海外の反応



参考:https://www.reddit.com/r/anime/comments/45s777/spoilers_schwarzesmarken_episode_6_discussion/



1.それ名無し
とても洗練されていた回だったよ。素晴らしかった。
ただリィズの行動には驚いたな。ブラコンかよ。



2.それ名無し
>1
本当に極限まで追い詰められたから半分パニックでテオドールを誘惑しようとしたのかな。



3.それ名無し
今回も良かったな。マブラヴを思い出してまたやりたくなってきた。



4.それ名無し
>1
ブラコンとは言ってもリィズとテオドールの血は繋がってないけどな。



5.それ名無し
もしシュヴァルツェスマーケンがトータルイクリプスと似た感じなら、
最終的には皆テオドールを欲しがるんだろうな。



6.それ名無し
>5
ありがたいことに今作はそうじゃない。



7.それ名無し
今回もやっぱり最後になにか持ってくるんだな。急に来週の展開が不安になってきた。



8.それ名無し
>7
俺はリィズが全裸でどれだけテオドールを待っていたのかが気になる。風邪ひくぞ。



9.それ名無し
>8
現れたのがテオドールだったからあれだけど、カティアやアネットが来てたらどうするつもりだったんだろう。
同じことしてたのかな。



10.それ名無し
>9
「リィズちゃんどうして服着てないの・・・?」
「うう・・・私はスパイじゃないの!ただの女の子好きなの!!」



11.それ名無し
>10
同性愛には厳しいぞこの時代。



12.それ名無し
ここにきてグレーテルルートに入ったと思うんだ。シュヴァルツェスマーケンが始まったときはこんなに好きになるとは思わなかった。

View post on imgur.com


13.それ名無し
>12
確かに気持ちはわかるけど、今回で死亡フラグが立ったようにも感じるな。



14.それ名無し
>13
死ぬかどうかはわからないけど、
何となくグレーテルは物語から退場することはないんじゃないかと思う。



15.それ名無し
>13
真に死亡フラグが立っているのはリィズだな。
助けようとするテオドールの前で結構残酷な死に方しそうだ。
グレーテルは多分カッコ良く帰還するだろ。



16.それ名無し
>12
グレーテルはもっと笑顔を見せるべき。普段のしかめっ面よりもそっちの方が魅力的だ。



17.それ名無し
>16
グレーテルは女子高生じゃなくて軍人だからな、仕方ない。



18.それ名無し
今回の話を見れば見るほど、シュタージが一番の害なんじゃないかと思う。クーデター起こしたりしてる場合じゃないだろ。



19.それ名無し
>18
まあKGBと同じようなものだからな。仕方ない。



20.それ名無し
やっぱり魔性の女がいないとスパイ物は成り立たないな。
そしてアニメは禁断の兄妹愛がなくては成り立たない。
つまりスパイアニメにはそういう嗜好の魔性の女が必要ということだ。



21.それ名無し
このアニメの不穏な雰囲気好きだな。トムクランシーが脚本してるんじゃないかと思った。



22.それ名無し
>21
誰を信じていいかがわからない緊張感がいいよな。



23.それ名無し
リィズを愛したいけど・・・本当にかわいいけど。すまん。
誰がどう見たってスパイなのは明らかなんだ。



24.それ名無し
今回も見入ったわ。ただ相変わらずこのアニメは過小評価されてるよな。
もっと高い評価を受けてもいい出来なのに。



25.それ名無し
1話で見るのやめちゃったけど、今からでも追いかけてみる価値ある?



26.それ名無し
>25
お前が冷戦時の政治や軍事に興味があるなら確実に楽しめるぞ。
それに加えてメカ対エイリアンの要素、全体的に暗い雰囲気の中進行していく感じだ。



27.それ名無し
>25
秘密警察を熱い情熱でやっつけたいなら。
英雄的で価値のある死を望むなら観るしかないぞ。



28.それ名無し
来週も盛り上がりそうだな。まさか見え見えのハニートラップに引っかからないでくれよ・・・。





様々な思惑が交差して緊張感が高まってきました。
冷戦の雰囲気をうまく表現できていますね。来週も目が離せません。









当サイト更新情報を配信してます。










いつもシェアありがとうございます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr