no title


『ガンダム オルフェンズ』22話、海外の感想まとめです。

全話は衝撃的な展開でした。
まさかの反撃を見せたカルタおばさんはどうなるんでしょう。
次ページでは海外の感想をお届けします。






      


オススメ記事



スポンサードリンク


オルフェンズ22話への海外の反応



参考:https://www.reddit.com/r/anime/comments/496uf8/spoilers_mobile_suit_gundam_ironblooded_orphans/



1.それ名無し
何よりも苛ついたのは、三日月の情けでカルタが生き残ってるからだ。



2.それ名無し
>1
これはイカれた脚本だな。
どう考えても三日月はカルタを逃しようがない。つまり、誰かが逃がせと説得させたってことだ。



3.それ名無し
>1
多分カルタの側近が、ビスケットに気を取られてる三日月から引き離したんだろ。



4.それ名無し
>3
一人がオルガの方に行って、もう一人がカルタを助けたんだろう。



5.それ名無し
>1
そのおかげで、俺の中でのオルフェンズの脚本評価は地に堕ちた。
酷いイベントと会話だ。



6.それ名無し
>5
俺の中での評価は上がったけどな。



7.それ名無し
>1
どうやって連れてったのか分からないが、助かってるな。



8.それ名無し
ビスケットの最後の言葉は、「鉄華団をかつてないほど強大な国家にする!



9.それ名無し
>8
トランプ支持者か・・・。



10.それ名無し
三日月とクーデリアの最後のシーン・・・。
鉄華団は内部崩壊するな。
ダブルオーみたいな展開だ。



11.それ名無し
は?カルタが生きてるだと?
オルフェンズ史上、ビスケットの死よりもあり得ない事だ。



12.それ名無し
>11
ガンダムでこういうぶっ飛ばした展開が無かったことがあったか?



13.それ名無し
カルタにこれから何をするか楽しみだ。
多分来週だよな?
そして三日月がオルガと話してた時とても恐ろしかった。



14.それ名無し
三日月とオルガのシーンは寒気がした。
しかし、彼らの目的地がエドモントンなのが最高だ。
俺はエドモントン生まれエドモントン育ちだからな。



15.それ名無し
世界地図のシーンがあったが、シドニーが消滅してたな。
何がここまでオーストラリアをイジメさせるのだろうか。

View post on imgur.com



16.それ名無し
>15
ガンダムとオーストラリアが共存することはない。



17.それ名無し
三日月はオルガをあの女のものにさせたくないんだろうな。



18.それ名無し
三日月が鉄華団を血の騎士団に変えやがった。
しかし、エンディングまで無茶苦茶早かった。



19.それ名無し
三日月が冷血だってことをほとんど忘れてた。



20.それ名無し
遂に来た。
フラグが立った。雨が降るには最悪の日だ。



21.それ名無し
>20
何話の話をしてるんだ?



22.それ名無し
ビスケットの死で鉄華団がどれだけグチャグチャになったか良く分かった。彼らは子供だもんな。



23.それ名無し
あのオープニングシーン・・・。
沈黙からのオルガの叫び。未だ信じられない。



24.それ名無し
三日月がオルガに喋ったことは狂気じみてる。



25.それ名無し
半分、三日月がオルガを引っ叩く事を期待したが、しなくて良かった。
イカれたプレッシャーをオルガに掛けるほうが良かった。
オルガと三日月の不健康な共依存関係が一番のオルフェンズの面白みだな。



26.それ名無し
あと3話しか無いなんて信じられない。
今まで観た中でも狂ったガンダムだ。



27.それ名無し
三日月が怖い。何てこった。
鉄華団は完全に変わるな。自分たちを守るんじゃなくて、攻めるんだ。



28.それ名無し
殺し屋三日月がブチ切れてカルタを酷くブチのめすのが見たかったのに。



29.それ名無し
オルフェンズから狂った鼓動を感じる。
虐殺をしなければ良いが・・・。



30.それ名無し
三日月は完全に狂ってる。
完膚無き残虐さだ。鉄華団が闇に包まれた。
もしオルガが三日月に「もうお前をあそこに連れていけない」って言ったらどうなるんだ。



31.それ名無し
>30
ヘッドショット。




カルタをブチ切れた三日月がボコボコにするのかと思いきや、違いましたね。
まあ、延期されただけだと思いますが。




スポンサードリンク







当サイト更新情報を配信してます。










いつもシェアありがとうございます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr