ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団へのレビュー評価集です。

日本一ソフトウェアがDRPGに初挑戦。
評価はどんなもんでしょうか。
次ページで総合評価とツイッターのレビューをお届けします。




      


オススメ記事



スポンサードリンク


『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』総合評価



総合評価

10点中8点

やり込みシミュレーションに定評がある日本一ソフトウェアが、未踏領域に踏み出した。
それもまさかの一人称視点でのRPGである。
これは大丈夫かという気持ちになるが、中身は日本一ソフトウェアらしさがきっちりと出ている。

戦闘は最大40人も参加する大規模なものになっているが、
それでも戦略性を失わない良く出来たシロモノになっている。
一体一体のキャラクターの成長度や魔法が異なっている上、
ハクスラ要素もあるので、やり込みたい人間にはうってつけのゲームだ。

また、ストーリーは『魔女と百騎兵』の担当者と同じらしく、
敵から味方、町の人間までユーモラスあふれるキャラクター達が詰まっている。

少し気になる点としては、戦闘スピードが少しもっさりとしている所。
あと、キャラクターの色が強いため、受け入れられない方もいるだろう。

全体としては、かなり楽しめる作品になっている。
やり込みゲーム好きは必買だろう。


ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団への感想・評価





スポンサードリンク







当サイト更新情報を配信してます。










いつもシェアありがとうございます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr